素敵な日本人/東野圭吾(著)感想

小説

「素敵な日本人」

著者:東野圭吾

出版:光文社

初版:2017/4/5

 

東野圭吾さんの短編集です。

それぞれに繋がりのない9話が収録されています。

 

自分がよく知っていると思っていた身近な人の、本当の姿を知ることになったとしたら・・・衝撃を受けるでしょうか、それとも納得するでしょうか。

この本では、「人」についての意外な事実が描かれています。

この世には、自分が思っていることとは違うっていうことがたくさんあるんだ、と改めて肝に銘じました。

 

1話目の「正月の決意」は、東野圭吾さんのいつものブラックユーモアシリーズのように感じましたが、ほかの8話は違いました。

 

私が特に気に入ったお話は、「十年目のバレンタインデー」です。

読み終えてスカッとしました。冒頭の、再会直後のやり取りが、コテコテなロマンチックなデートなのが良いですね。ラストの爽快感を倍増してくれます。

 

それから「壊れた時計」も面白かったです。

主人公のあの決断がネックになるんだろうと予想はついたものの、そのネックの最終的な理由が意外でした。

自分に同じことが起こった時には、これは気を付けようと思いました。

 

あとは「水晶の数珠」も良いですね。

本の最終話でもあるので、後味が良くて、気持ちを前向きにしてくれるお話でとても良かったです。

 

それぞれの短いお話のなかでも、しっかり「びっくり」させてくれる一冊です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました