ブックカバーの紹介

文房具

こんにちは。ガジームです。

今回は、本の感想ではなく物品の感想です。

 

文庫本用の革カバーです。

ALBEROというメーカーのヌメ革です。

単行本用の同じカバーを以前から使っていて、経年変化によって手触りが非常に良くなっています。やわらかい感じです。

この手触りを文庫本サイズにも!と思い入手しました。これからが楽しみです。

 

ブックカバーはやはり必需品なので、いくつか持っています。

革もいいけれど、布も、紙も、それぞれに良いですね。

布はよごれても洗えて、これまた経年変化を楽しめるし、紙は軽くて、気に入った柄で作ることができますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました