インク沼ってどんなところなのか、インク初心者が調べた結果

文房具

インク初心者がインクイベントへ行きまして、せっかくなのでインク沼について調べてまとめました。

まずはとにかく【インクの種類】がわからなかったので、インクの種類と特色をまとめました。

染料インク

・色の素材を植物から採取してきたのが由来

・紙の繊維の中まで入り込む性質

・耐水性や耐光性には優れていない

・色の種類が豊富

・書き心地が良い

・インクの大半がこの染料インク

 

顔料インク

・古来から、土や岩を砕いて素材としてきた

・水に溶けて染み込む染料インクとは違い、紙の表面に付着する

・耐水性、耐光性に優れている

・黒、青が多いが最近は様々な色が登場

・滲まない

・水に溶けにくいので、万年筆にインクが詰まりやすい

・裏抜けしにくい

 

古典インク(没食子(もっしょくし)インク)

・染料インクに鉄成分と酸成分を加えたインク

・紙に書いた後、変色してゆく

・耐水性、耐光性に優れている

・ブルーブラックが主流

・最近では色が増えている

 

インクの種類について区別がついたところで、続いて【インクの成分】についてもうちょっと詳しく。

染料インクは以下の材料から出来ています。

①水

②色材

③機能付与剤

・界面活性剤:粘度や表面張力を調整する

・pH調整剤:pH(水素イオン指数)を保たせる

・保湿剤:蒸発を防ぐ

・防腐剤:雑菌の繁殖を防ぐ

 

また、古典インク(没食子インク)は時間とともに色が変化し、色変化が促されるように調整されたインクもあります。紙によっても変化が違うので、楽しめます。

 

インクにおけるpH(水素イオン指数)とは

液体はpHによってアルカリ性酸性を表すことができ、水に溶かす染料によってアルカリ性と酸性に分かれます。

pH値が7を中性、それよりも高ければアルカリ性、低ければ酸性を表します。

 

<アルカリ性の特徴>

・濃度が高く、鮮明な色が出る

・耐水性や耐光性が低い

・アルカリ域で使える防カビ剤が限られるので防腐対策が難しい

 

<酸性の特徴>

・堅牢性が高い

・微細な沈殿物が発生することがある

・ペン先にダメージを与える可能性があるので、耐食性のあるステンレスや金ペン先を使用

・紙上でインクが次第に酸化し、耐水性、耐光性が増す

 

<アルカリ性と酸性のインクを混ぜると>

水に溶けない鉄成分や固形物が発生することがある。

 

<染料インクと顔料インクを混ぜると>

水との混合方法が違うので沈殿物が発生することがある。

 

インク沼ってこんなところ。調査の結果を箇条書きにしました。

沼の人々の行動を書き出してみます

・インク帳を作る

・インク棚を作る

・万年筆以外のペンに入れてインクを使う

・水筆を使う

・ガラスペンを使う

・つけペンを使う

・近い色を比較する

・限定(レア)インクに手を出す

・軸が透明の何年筆が必要になる

・インクを混ぜて自分の色を作りたくなる

・同じ系統の色を集める

・ボトルの形状にこだわる

・色について詩的に語る

・小瓶に自慢のインクを小分けにして、人にあげたり交換したりする

・カートリッジを再利用する

・万年筆とインクの組み合わせにこだわる

・ブルーブラックにこだわる

・メーカーにこだわる

 

インク沼における、たぶん、最近の流行

①ご当地インク

②インクをブレンドしてくれるサービス

 

今後の興味深い文房具イベント(東京)

①東京インターナショナルペンショー

東京・浅草・東京都立産業貿易センター

2018/9/29(土)~2018/9/30(日)

 

②システム手帳サロン2018

東京・銀座・銀座伊東屋 10階

2018/11/10(土)~2018/11/25(日)

 

まとめ

インクについてなんとなく理解できました。

まとめてみて、つけペンに興味が出てきました。

先日の銀座伊東屋INK.Ink.ink!での貸し出しつけペンも使いやすかったし、万年筆に入れなくてもインクを使えるというのが、いいです。

文房具は奥が深くておもしろい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました